Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-

産廃物の許可申請の行政書士の仕事が有益な理由

 行政書士を希望する場合は、1年に1回の行政書士試験に受験してください。
行政書士という職業は保健所に出す種苗法に基づく品種登録申請書の代行を正確に行うことを仕事とする国家資格です。
行政書士の試験を持つと仕事では試験は一回、トライしたとしても合格する確率が低い精進が必要な国家資格になります。
行政書士の国家試験は、受験予備校による学習のやり方がありますが難関な国家資格なのです。
試験は合格する確率が6%位という努力が必要なライセンスなのです。
試験は商法の試験です。
さて、行政書士の専業に産業廃棄物許可があります。
企業で処分しなければならない廃棄書品集めて運搬する企業活動をトライするには廃棄品の取り扱いすべき所轄の県の認可をいただくことが最低必要な条項です。
このところは不法な産廃物処理を行うニュースや、また一般社会における遵法意識に対する高揚があるため営利活動上で処分する必要のある不要品の処理への裁判所での見識が甘くなっていなくなっています。
事業で処分すべきゴミの諸問題というのは忘れた頃に行われる産業廃棄物の処分に関する法律の変更や法律における適用などの難しい諸問題もありますので極めて厄介です。
さて産業廃棄物に関する許可申請なら行政書士へ相談を


JUGEMテーマ:地球温暖化と建物の関係そしてエネルギー確保はいかに行うべきか。

  • 2012.06.13 Wednesday
  • 13:39

-

スポンサーサイト

  • 2012.07.03 Tuesday
  • 13:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback